ぜん息などの情報館

第12期環境保健に係る調査研究新規課題の公募について

「第12期環境保健に係る調査研究新規課題の公募」は終了しました。

平成31年1月7日
独立行政法人環境再生保全機構
予防事業担当理事 廣木雅史

独立行政法人環境再生保全機構(以下「機構」という。)公害健康被害予防事業に係る調査研究の委託業務に関する取扱要領(平成 30 年細則第6号)第4条の規定に基づく調査研究の対象となる分野及び調査研究申請書の提出期限について以下のとおり公表します。

1.調査研究の対象となる分野

  1. (1)小児・成人ぜん息に関する調査
    1. ① 小児ぜん息のハイリスク群を鑑別するための評価手法とフォローアップ指導法の検討
    2. ② 高齢者を含む成人ぜん息患者の個別化治療を目指した治療実態の把握及び効果的な治療・療養方法の策定
    3. ③ 高齢ぜん息患者の自己管理支援策
  2. (2)COPDに関する調査
    1. ① COPD患者の自己管理と重症化予防
    2. ② 喫煙及び受動喫煙のCOPD等における健康被害の評価
  3. (3)気管支ぜん息・COPDの動向等に関する調査
    1. ① 気管支ぜん息の動向等
    2. ② 乳幼児ぜん息の一次予防に向けた適切な乳幼児健診のあり方の検討

2.調査研究申請書の提出期限

平成31年1月7日(月)から平成31年2月7日(木)午後5時までに機構へ必着または持参してください。

3.その他

目的、予算規模、調査研究申請書の提出方法、調査研究課題の採択等については、以下のファイルを参照して下さい。

公募関係書類

このページの先頭へ