ぜん息などの情報館

第13期環境保健分野に関する調査研究の新規課題公募について

令和3年10月4日
独立行政法人環境再生保全機構
予防事業部担当理事 川上 毅

独立行政法人環境再生保全機構(以下「機構」という。)公害健康被害予防事業に係る調査研究の委託業務に関する取扱要領(平成30年細則第6号)第4条の規定に基づく調査研究の対象となる分野及び調査研究申請書の提出期限について以下のとおり公表します。

1.調査研究の対象となる分野

  1. (1)小児・成人ぜん息に関する調査研究
    1. ① 小児ぜん息児のためのICTを活用した自己管理支援
    2. ② 高齢ぜん息患者の療養状況に関する問題点の解明とその改善のための効果的な治療方法の策定
    3. ③ 重症ぜん息患者の増悪予防策
  2. (2)COPDに関する調査研究
    1. ① COPD患者の自己管理と重症化予防
    2. ② 医療・介護施設等におけるCOPDの予防的介入法の検討
  3. (3)気管支ぜん息・COPDの動向等に関する調査
    1. ① 気管支ぜん息の動向等
    2. ② 予防事業対象地域を含む気管支ぜん息等の有症率と動向等

2.調査研究申請書の提出期限

令和3年10月4日(月)から令和3年11月12日(金)午後5時までに電子メールにて提出してください。

3.その他

目的、予算規模、調査研究申請書の提出方法、調査研究課題の採択等については、以下の公募概要等を参照してください。

公募概要・申請書等

このページの先頭へ