アスベスト(石綿)とは?

自分が病気かどうか、不安な場合

石綿による健康被害は、石綿肺など短期間で多量の石綿を吸入することによって発症する疾病は10年以降に、中皮腫など低濃度の石綿の吸入によっても発症する疾病は30~50年という長い潜伏期間を経て発症します。早期発見・治療には、石綿による疾病の自覚症状があるか、チェックすることが大切です。石綿を吸い込んだ可能性のある方で呼吸困難、咳、胸痛などの症状がある方、その他特にご心配な方は近隣の労災病院のアスベスト疾患センター等の専門医療機関にご相談ください。

  • 息切れがひどくなった場合
  • 咳や痰が以前に比べて増えた場合や、痰の色が変わった場合
  • 痰に血液が混ざった場合
  • 胸や背中の痛みが持続する場合
  • 顔色が悪いと注意された場合や、つめの色が紫色に見える場合
  • 顔がはれぼったい場合、手足がむくむ場合や、体重が急に増えた場合
  • 激しい動悸がする場合
  • 風邪をひいて、なかなか治らない場合
  • 微熱が続く場合
  • 高熱が出た場合
  • 寝床に横になると息が苦しい場合
  • 食欲がなくなった場合や急にやせた場合
  • やたらに眠い場合

また過去に石綿を吸い込んでしまった恐れのある人は、喫煙により肺がんのリスクが増大するため、禁煙することが重要です。

このページの先頭へ