アスベスト(石綿)とは?

アスベスト(石綿)関連疾患

石綿健康被害救済制度の対象となる疾病は、中皮腫と石綿による肺がんです。

これら以外にも、石綿との関連が知られている疾患として、石綿肺、良性石綿胸水、びまん性胸膜肥厚があります。

このうち、中皮腫、石綿肺は石綿ばく露の特異性が高い疾患です。また石綿ばく露の医学的所見として重要な胸膜プラーク(肥厚斑)も石綿ばく露の特異性が高い所見です。一方、肺がんや胸水貯留、びまん性胸膜肥厚は石綿以外の原因でも生じるため、石綿ばく露の特異性が低くなります。とくに、肺がんでは喫煙が重要な危険因子となっています。

石綿関連疾患は石綿ばく露開始から発症までの潜伏期間が長いことが特徴です。石綿肺、肺がん、中皮腫、胸膜プラークと石綿粉じんばく露量、潜伏期間との関係については、図7のようになります。胸膜プラークや中皮腫は石綿肺や肺がんよりも低濃度ばく露で発症することが知られています。

石綿によって起こる主な疾患と部位 石綿粉じんのばく露量と潜伏期間  (Bohlig 1975を改変)

1. 中皮腫

中皮腫は、肺を取り囲む胸膜、肝臓や胃などの臓器を囲む腹膜、心臓及び大血管の起始部を覆う心膜、精巣鞘膜にできる悪性の腫瘍です。発症頻度は胸膜原発のものが最も多く、次いで、腹膜であり、心膜や精巣鞘膜の中皮腫は非常にまれです。中皮腫のほとんどは石綿ばく露が関与しています。

組織学的に上皮型、二層型、肉腫型、線維形成型に分類され、頻度もこの順に多く、上皮型の占める割合は50~70%です。喫煙と中皮腫発生との関連はみられません。

石綿ばく露との関連:石綿ばく露から発症までの潜伏期間の多くは40年前後と非常に長い疾患です。中皮腫の発生の危険は石綿の累積ばく露量が多いほど高くなります。しかし、石綿肺、肺がんより低濃度でも危険性はあり、職業的なばく露だけでなく、家庭内ばく露、近隣ばく露による発症もあります。

症状
胸膜中皮腫では、息切れ、胸痛が多くみられますが、症状がなく胸部エックス線検査で胸水貯留を偶然発見されることもあります。そのほか、咳、発熱、全身倦怠感、体重減少などもみられます。腹膜中皮腫では、腹痛、腹部膨満感、腹水貯留などがみられます。心膜中皮腫では、不整脈や息切れがみられます。
診断
胸部エックス線、胸・腹部CTなどの画像検査、胸水や腹水の穿刺による細胞診、胸腔鏡や腹腔鏡等による病理組織診断が行われます。診断の確定には病理組織診断が必須ですが、診断は必ずしも容易ではなく、免疫組織化学染色(注)などにより、肺末梢部に発生する腺がんなどとの鑑別を要します。
治療・予後
中皮腫は他の悪性腫瘍に比べて、いまだ予後の悪い疾患ですが、最も頻度の高い上皮型に限ってみれば、外科療法、化学(抗がん剤)療法、放射線療法を加えた集学的療法により、以前よりははるかに予後が改善してきています。

(注)免疫組織化学染色:組織や細胞構成成分に対する特異的な抗体を標識抗体により認識し、対応する抗原の局在や組織構成成分を解析する手法。あるがんに特異的に発現している抗原を検出することで、他のがんとの鑑別が可能となる。中皮腫に特異性が高いものとしてカルレチニンがよく知られている。


2. 肺がん(原発性肺がん)

原発性肺がんは気管支あるいは肺胞を覆う上皮に発生する悪性の腫瘍です。中皮腫と異なり、喫煙をはじめとして石綿以外の多くの原因で発生します。

石綿ばく露との関連:石綿ばく露から肺がん発症までの潜伏期間の多くは30~40年程度と長くなっています。石綿の累積ばく露量が多いほど肺がんになる危険が高くなることが知られています。石綿のばく露濃度とばく露年数をかけた値が25繊維/ml×年となる累積ばく露量で肺がんの危険は2倍に増加するとされています。一般に比較的高濃度の職業性ばく露が関係している症例が多いと考えられます。環境省の敷地境界基準値である0.01繊維/mlの濃度では25繊維/ml×年のばく露量に達するには2000年以上のばく露期間が必要であることから、通常の一般環境ばく露のみによって肺がんの危険が2倍になることは現時点ではまずないと考えられています。

また、肺がん発生の最大の要因は喫煙であり、石綿と喫煙の両方のばく露を受けると、肺がんの危険性は相乗的に高くなることが知られています。喫煙しない人の肺がんの危険性を1とすると、喫煙者は10倍、石綿ばく露者は5倍、喫煙をする石綿ばく露者は約50倍とする報告があります。肺がん発生の危険性を減らすためには、禁煙することが大切です。

石綿ばく露と喫煙が肺がん死亡の相対危険度に及ぼす影響

  石綿ばく露
  なしあり
非喫煙者1.05.17
喫煙者10.8553.24

Hammond & Selikof(f 1979)

症状
臨床的に咳、痰、血痰といった症状がよくみられますが、無症状で胸部エックス線や胸部CT検査の異常として発見される例も存在します。
診断
胸部エックス線や胸部CTによる画像診断、喀痰細胞診が行われますが、確定診断には経気管支鏡生検などによる病理組織診断が必要です。石綿ばく露によって生ずる肺がんには、発生部位や病理組織型(腺癌、扁平上皮癌など)の特徴はありません。石綿ばく露が原因である肺がんの診断には、石綿ばく露作業歴のほかに、石綿肺、胸膜プラーク、肺内の石綿小体あるいは石綿繊維が医学的所見として参考になります。
治療・予後
外科療法、化学療法、放射線療法などがあり、早期に発見され、根治的な手術療法により治癒することができます。一般に病期が進行しているほど5年生存率は悪くなります。

3. 石綿肺

石綿ばく露との関連
通常、石綿を職業性に大量に吸入ばく露した労働者に起こり、石綿ばく露開始から10年以上経過して石綿肺の所見が現れます。つまり、石綿肺は高濃度の石綿ばく露の医学的所見の一つともいえます。一般環境ばく露による石綿肺の発症例はこれまでに報告されていません。
症状・経過
初期症状として労作時の息切れ、咳、痰が多くみられます。石綿ばく露を中止した後も症状が徐々に進展して肺機能の著しい低下をきたしますが、肺がん、中皮腫と異なり、短期間で死に至ることはありません。
また、肺がん、中皮腫、気胸、胸水、気管支炎などを合併することもあるため、注意が必要です。石綿ばく露作業に従事したことがあり、石綿肺の所見が見られる者では、肺がん発症の危険が2倍以上に高まると考えられています。
診断
胸部エックス線検査では、両側下肺野(肺の下部)の線状影を主とする不整形陰影がみられます。しばしば、胸膜プラークやびまん性胸膜肥厚もみられます。石綿肺の診断には胸部HRCT検査が有用です。そのほか、病理組織検査等で肺内にみられる石綿小体も石綿ばく露の医学的所見として参考になります。石綿肺の診断は必ずしも容易ではなく、しばしば特発性肺線維症との鑑別に困難をきたすことがあります。診断には石綿ばく露作業歴の確認が重要です。
治療
石綿肺に対する本質的な治療法はなく、咳、痰に対する鎮咳剤や去痰剤の投与、慢性呼吸不全に対する在宅酸素療法などの対症療法を行います。

4. 良性石綿胸水

胸水とは胸腔内に体液が貯留することであり、石綿以外の様々な原因によっても生じます。とくに、石綿粉じんを吸入することによって、胸腔内に胸膜炎による滲出液(胸水)が生じる場合を良性石綿胸水と呼びます。

石綿ばく露との関連
比較的高濃度の石綿粉じんを吸入することによって生じ、発症までの潜伏期間は平均12~30年と他の石綿関連疾患より短い方です。これまでに一般環境ばく露での発症例は報告されていません。
症状
呼吸困難や胸痛といった自覚症状で気づくこともあれば、自覚症状がなく、胸部エックス線検査で見つかることもあります。
診断
悪性腫瘍や結核などのほかに胸水の原因となる疾患が見当たらず、石綿ばく露歴があること、臨床的に胸部エックス線検査や胸腔穿刺により胸水が証明されることで診断されます。確定診断まで最低1年程度の経過観察が必要で確定診断には時間がかかります。
治療・予後
胸水の持続期間は平均3ヶ月で、約半数は自然に消失します。治療としては胸腔穿刺による胸水排出やステロイド剤の投与が行われます。中には何度も繰り返すことによりびまん性胸膜肥厚が生じ、肺機能障害をきたすことがあります。定期的な経過観察が必要です。

5. びまん性胸膜肥厚

びまん性胸膜肥厚は、臓側胸膜(肺を覆う膜)の慢性線維性胸膜炎の状態であり、通常は壁側胸膜(胸壁を覆う膜)にも病変が及んで両者が癒着していることが多いです。胸膜プラークと異なり、びまん性胸膜肥厚は結核性胸膜炎など石綿以外の様々な原因によっても生じます。

石綿ばく露との関連
良性石綿胸水と同様に比較的高濃度の石綿の累積ばく露により発症すると考えられています。職業性ばく露によるびまん性胸膜肥厚症例での石綿ばく露期間はおおむね3年以上になります。これまでに一般環境ばく露での発症は報告されていません。
症状・経過
咳、痰、呼吸困難、反復性の胸痛、反復性の呼吸器感染等がみられます。石綿ばく露に関連するびまん性胸膜肥厚は、石綿肺や良性石綿胸水の後遺症として生じることが多いとされています。
診断
胸部エックス線検査で、厚さは最も厚いところで5mm以上、広がりは片側の場合は胸部単純写真で側胸壁の1/2以上、両側の場合は側胸壁の1/4以上であるとされています。さらに、胸部CT検査は胸膜肥厚の厚さや広がりを判断するのに有用です。
治療・予後
特別な治療法はありません。徐々に肺機能障害が進行していき、慢性呼吸不全になった場合には在宅酸素療法等を行います。
このページの先頭へ