大気環境の情報館

日本の大気汚染の歴史

わが国の大気汚染の歴史は、「公害」という言葉さえ定着していなかった明治政府の殖産興業政策時代に遡ります。わが国の大気汚染は、その近代化の歴史のなかで幾度かの時代の節目を経つつ態様を変えてきました。第二次世界大戦後、他国に類のない経済発展を遂げたわが国は、さらに深刻な環境汚染を経験することとなり、大きな社会問題となっていきました。これらの問題に対処するため、公害対策基本法(1967年(昭和42年)制定)をはじめとする環境法が整備され、公害の克服に相当な成果を上げました。

近年では、都市・生活型公害や地球環境問題などの新たな環境問題が顕在化してきたことから、1993年(平成5年)には、地球環境時代にふさわしい新しい枠組みとして、環境基本法が制定され、これに基づき、政府が一体となって施策を講じるための環境基本計画が策定されました。

人類の生存基盤である環境を保全し、地球環境問題や大気汚染問題を含む幅広い今日の環境問題に対処するためには、「循環」、「共生」、「参加」、「国際的取組」の4つの原則に基づいて、環境問題に対する国民的合意、環境基本法に基づく施策体系の整備、それにふさわしい行政組織の改編などの新しい環境政策システムの構築が必要となっています。

本ページは、環境再生保全機構において刊行した「日本の大気汚染経験」(1997年刊行、日本の大気汚染経験検討委員会編)、「日本の大気汚染の歴史」(2000年刊行、責任編集/大気環境学会史料整理研究委員会)等を基に環境再生保全機構において編集したものです。


日本の大気汚染の歴史


このページの先頭へ