食物アレルギーの子どものための みんなで食べるおいしいレシピ~ぜん息予防のために~卵・乳・小麦不使用!

食物アレルギーの子どものための  食事の基礎知識

2.原因食物別 除去のポイント  小麦

除去方法(食材として用いないで調理する方法)と栄養面の補い方

除去により配慮すべき栄養素はありません。

  • 主食は米飯にします。そうすることで副食のバランスをとりやすくなり、栄養面からはむしろ望ましい食事となります。
  • 小麦の主食のかわりに、米粉や雑穀を使った麺やパンも使えます。
  • 米粉を利用してパンやお菓子をつくることもできます。ただし、米粉の中に小麦タンパク質である「グルテン」を添加してある場合があるので、表示をよく確認しましょう。

調理により受ける変化

加熱調理による小麦のアレルゲン性の低下はわずかなので、調理時の混入に注意する必要があります。

  • とくに粉のまま使用する場合には周囲に飛散するため、場所を離す、ほかの料理にふたやラップをするなどの注意が必要です。

加工食品を用いるときの注意

しょうゆは、原材料として大豆、小麦、塩が用いられていますが、小麦の主要アレルゲンである「グリアジン」は発酵により分解されるので、症状を起こすことはまれです。


食品表示を読むときの注意(わかりにくい表示)

原材料として表示されますが、製造過程で小麦タンパク質が分解されるため多くの小麦アレルギーの人が食べることができるもの

しょうゆ、みそ、酢
これらの調味料が使用できれば、食生活のQOL(生活の質)は大きく向上します。専門医と相談しましょう。

小麦以外の麦類(大麦、ライ麦、えん麦、はと麦など)はアレルギー表示の対象外です。

小麦アレルギーの人は、これらの麦類や製品(麦ご飯など)を食べると症状を起こすことがあります。

グルテン

小麦タンパク質です。米粉パンなどに含まれていることがあります。

麦芽糖、モルトエキス

(小麦を含む)と表示されていなければ、使用されていません。


目次

このページの先頭へ