食物アレルギーの子どものための みんなで食べるおいしいレシピ~ぜん息予防のために~卵・乳・小麦不使用!

パート4  月齢に応じた離乳食レシピ

メインメニュー

いろいろな食材、食感のものに
慣れる練習を開始。

母乳・ミルク

  • まだ母乳やミルクが栄養源ですが、母乳やミルクでおなかがいっぱいになって、離乳食が進みにくくならないよう、母乳やミルクは離乳食と間隔をあけて与えるようにしていきます。
  • 料理に使う場合は、牛乳そのものではなく、鉄分を含む粉ミルクを使用します。

食材

  • なめらかなペーストに慣れたら、少し粒まじりのもの、舌でつぶせる程度のやわらかいものと徐々に進めていきます。食材によって食べやすさが違うので、子どもに合わせて調整しましょう。
  • パサつきやすい白身魚やささみなどは、おかゆに混ぜたり、煮汁に片栗粉などでとろみを付けると、食べやすくなります。
  • 赤身の魚や、脂の少ない鶏ささみなどの肉、豆腐だけでなく、包丁でたたいたひきわり納豆なども加えていきます。
  • とくにアレルギーと診断されていなければ、
    卵は、よくゆでた卵黄から始めて、次によく加熱した全卵を少量から徐々に量を増やします。
    乳製品は、少量を料理に使用することから始め、徐々にヨーグルトなどを試していきましょう。
    小麦は少量のうどんから試して量を増やしていくとよいでしょう。
  • 味付けはまだそれほど必要ありません。主に素材のだしを利用した味付けにしましょう。

回数

  • 1回食から2回食に進めます。

レシピ一覧

レシピ検索

このページの先頭へ