本文へ移動

全国ユース環境ネットワークとは

地球環境基金のねらい


持続可能な社会の実現→ユースの人材育成 2020年、2030年、そして~2050年は、地球環境の将来にとって大変に重要な時代です。 例えば、今年・2017年4月 17歳<高校生>、2030年 30歳<現場で大活躍している若手のプレーヤー>に、2050年 50歳<社会での責任者>になります 事業 「学び」・ユース環境セミナー/・ユース環境シンポジウム/・ユース環境座談会・ユース環境企業研修/・ユース環境体験プログラム・各種環境イベントの視察研修 等 「情報発信」・高校生、ユースの環境活動紹介・環境情報誌「全国ユース環境ネットワーク」の発行・全国ユース環境ネットワーク ホームページ、SNSの展開 「表彰」・「全国ユース環境活動発表大会」での各種表彰

持続可能な社会を実現するためには、1人ひとりが考え、行動することが不可欠です。特に、次の時代を担うユースが、環境問題の解決に向けて、豊かな想像力と行動力をもって、早くから解決法を見出していくことは重要です。ユースは、柔軟性、順応性、創造性が高く、時に大人が気づくことの出来ない解決法を発見する可能性があります。
「全国ユース環境ネットワーク促進事業」は、ユースネットワーク構築を促し、そこで相互研鑽や情報共有を通じ、ユースの更なる可能性を引き出し、もって持続可能な社会の担い手を育む大きな流れを作ることを目的とするものです。
具体的には、日頃から環境活動に取り組むユースの活動事例を全国から募り、選考を得た上で全国大会を開催します。全国大会においては、志を同じくする仲間や先輩方との交流、活動を通じて得た学びの共有などを通じ、自身の活動を発展させるための機会を提供するとともに、優れた取り組みに対し、環境大臣賞、環境再生保全機構理事長賞をはじめとする様々な賞を授与します。