成人ぜん息の基礎知識 健康な人と変わらない日常生活を送れるようになること

実践編ぜん息をコントロールする

正しい吸入方法を身につけよう

吸入器の特徴と注意点ネブライザーについて

液体の吸入薬の場合は、ネブライザーを使うと便利です。医療機関で使用するイメージが強いネブライザーですが、家庭でも使用できる機種が販売されています。購入時は使用の目的や用途を考え、主治医に相談するとよいでしょう。

高齢者でも確実に吸入できる

ネブライザー(吸入器)は、吸入薬を霧状にし、直接気管支に届けるための器具です。吸入薬は経口薬よりも少ない量で大きな効果があり、pMDI(加圧噴霧式定量吸入器)を上手に使えない乳幼児でもより確実に吸入できます。

使用上の留意点

  1. 発作が頻繁に生じているときは、自宅の吸入器に頼らず早めに外来を受診する。
  2. いきなりひどい発作が生じた場合、自宅で吸入して救急外来を受診する。
  3. 吸入中は十分に観察し、とくに顔色や呼吸のようすに注意して、悪心・頭痛や呼吸苦が生じたらすぐに吸入をやめる。
  4. 薬の量や吸入の回数、間隔などは医師の指示通りに行う。
  5. ネブライザーは常に清潔に保つ。
  6. 不明瞭な点は、かかりつけの医師にたずねる。

ネブライザーの主な種類

ネブライザーは、形式と電源の形態から分けると次の3種類になります。自分に必要なのがどのタイプなのか、医師に相談してから購入しましょう。

ジェット式

圧縮空気で薬液を霧状にするタイプ

超音波式

超音波振動子の振動を利用して、薬液を霧状にするタイプ

メッシュ式

振動などによって薬液をメッシュの穴から押し出して、霧状にするタイプ

ネブライザーの主な製品

ジェット式
パリ・ジュニアボーイSX®

噴霧粒子径 MMD(粒子径中央値)3.4ミクロン
5ミクロン以下の粒子重量比率70%
噴霧能力 240mg / 分 (分時噴霧量)
重量 1.7kg (本体)
問い合わせ 村中医療器株式会社 / 0725-53-5541
パリ・ボーイSX®

噴霧粒子径 MMD(粒子径中央値)3.9ミクロン
5ミクロン以下の粒子重量比率63%
噴霧能力 442mg / 分(分時噴霧量)
重量 1.7kg (本体)
問い合わせ 村中医療器株式会社 / 0725-53-5541
パリ・ボーイモバイルS®

噴霧粒子径 MMD(粒子径中央値)3.8ミクロン
5ミクロン以下の粒子重量比率65%
噴霧能力 440mg / 分(分時噴霧量)
重量 360g (本体)
問い合わせ 村中医療器株式会社 / 0725-53-5541
ボヤージ®

噴霧粒子径 MMAD(空気力学的質量中央径)約1.9ミクロン
噴霧能力 0.4mL / 分
重量 2kg (本体)
問い合わせ 株式会社 東京エム・アイ商会 / 03-3551-7873
ソフィオ®

噴霧粒子径 MMAD(空気力学的質量中央径)約1.9ミクロン
噴霧能力 0.32mL / 分
重量 1.5kg (本体)
問い合わせ 株式会社 東京エム・アイ商会 / 03-3551-7873
NE-C28®(コンプレッサー式)

噴霧粒子径 MMD約5μm
噴霧能力 約0.4mL/分
重量 約1.9kg(本体のみ)
問い合わせ オムロン ホームメディカルセンター
0120-577-066
メッシュ式
NE-U22®

2

噴霧粒子径 MMAD約5μm
噴霧能力 約0.25mL/分以上
重量 97g(電池含まず)
問い合わせ オムロン ホームメディカルセンター
0120-577-066

LINEで送る

成人ぜん息トップに戻る

このページの先頭へ