本文へ

研修・講座について

環境NGO・NPO若手プロジェクトリーダーの育成支援


若手プロジェクトリーダー4期生の修了式にて

1. 目的

平成26年度より地球環境基金は、今後の環境保全活動を牽引する若手プロジェクトリーダーの育成を支援することとしました。
 この背景としては、地球環境基金は、創設から20年間、環境保全活動の推進のため、助成事業を実施してきましたが、内閣府の調査によると、環境NPOの数はこの20年間で飛躍的に増加した一方で、NPO団体の年齢構成は50~60歳代が中心で、20年前に活躍していた人が未だ団体を牽引している実態が明らかになりました。こうした状況から、今後の環境保全活動を持続的継続的に推進していくためには、若手の人材育成が必要であるという認識に至りました。

2. 支援内容


若手プロジェクトリーダー育成支援は、助成事業と振興事業の両輪で、環境保全団体の若手職員の人材育成の支援をしていくプログラムです。
 地球環境基金の助成事業では、常勤役職員の賃金を負担しておりませんが、採択された若手プロジェクトリーダーに限り、団体の常勤職員ではありますが、3年間の助成活動実施期間において年間上限300万円の活動推進費(賃金)を支援することとしています。
 また、賃金だけでなく、1年間に3回(3年間においては9回)、振興事業として若手プロジェクトリーダー研修を受講してもらい、ロジカルな考え方、プロジェクト・マネジメント、資金・資源の調達、他セクターとの協働など、リーダーとなるために必要な知識技術の習得の機会を提供することとしています。
 なお、この支援は、助成金要望時に団体からの推薦を受け、審査を経て、採択された活動の中から、対象者として選定された場合のみ支援の対象となります。

3. 若手プロジェクトリーダー育成支援対象団体

7期生(令和2年度~)

6期生(令和元年度~)

5期生(平成30年度~)

4期生(平成29年度~)

3期生(平成28年度~)

2期生(平成27年度~)

1期生(平成26年度~)

過去の開催実績

地球環境基金の公式SNS

  • 地球環境基金 インスタグラム(別ウィンドウ)
  • 地球環境基金 Twitter(別ウィンドウ)
adobe readerダウンロード
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。

地球環境基金 Japan Fund for Global Environment

〒212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310番 ミューザ川崎セントラルタワー
独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部
TEL:044-520-9505 FAX:044-520-2192

独立行政法人環境再生保全機構 ERCA

法人番号:8020005008491

Copyright, Environmental Restoration and Conservation Agency. All rights Reserved.

ページトップ