本文へ

地球環境基金便り No.50 (2021年3月発行)

特集環境×防災

総括インタビュー

未曾有の被害をもたらした東日本大震災から10年。その間にも熊本地震、北海道胆振東部地震、そして毎年のように起こる豪雨災害など、私たちは数々の自然災害に直面してきました。今後気候変動の影響により、さらに自然災害リスクが増大すると予測されるなか、大規模な整備事業に頼ったこれまでの防災・減災対策を抜本的に見直す必要性に迫られています。

近年、世界では自然環境を防災や減災に生かそうという考え方が主流となっています。災害大国・日本は、これからどのような防災対策をしていけばいいのか。今回は「環境×防災」をテーマに、慶應義塾大学 一ノ瀬友博教授にお話を伺いました。

NGO・NPOの活動事例

地震や豪雨など災害発生時には多くのNGO・NPOがさまざまな分野で被災地の復興のために重要な役割を果たしています。当基金でも環境保全を通じて、東日本大震災や熊本地震などの被災地の復興に貢献する活動を支援しています。今回は地域の人たちとともに復興支援に取り組む3団体を紹介します。

最新号へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Lineでシェア

地球環境基金の公式SNS

  • 地球環境基金 インスタグラム(別ウィンドウ)
  • 地球環境基金 Twitter(別ウィンドウ)
アドビ公式サイト(新しいウィンドウで開きます) adobe readerダウンロード
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。

地球環境基金 Japan Fund for Global Environment

〒212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310番 ミューザ川崎セントラルタワー
独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部
TEL:044-520-9505 FAX:044-520-2192

独立行政法人環境再生保全機構 ERCA

Copyright, Environmental Restoration and Conservation Agency. All rights Reserved.

ページトップ